A529364E-0CB7-49F5-B365-BFF0CB116648

数学では答えが合っていれば良いと考える人もいると思いますが、解答に至る過程を書くことが大事な理由が2つあります。

1つ目は『間違った箇所を素早く見つけるため』です。

計算の例で説明すると、複雑で項が多い式は暗算ではできないので途中式を書いて計算します。

しかし、計算はひとつでも手順を間違えると正解にたどり着くことはできません。

中には途中式を書くのが面倒だと感じる人もいるようですが、間違いに気づいたときにやり直す手間と時間を考えたら、やはり途中式は書いた方がいいです。

途中式は見やすいように縦に並べて(=イコールを左に揃えて)書くことが基本です。上の式を見ながら計算するのでミスが減ります。

入試やテストでは時間制限があるので、間違った箇所を素早く見つけて正解する必要があります。

ですから、間違った箇所を素早く見つけることがとても大事なのです。

私自身の体験からも慣れると途中式を書いた方が速く計算できるようになります。さらに暗算も併用することでより速く正確に計算できるようになります。


2つ目は『どこまで理解できているかを確認するため』です。

生徒が問題を解いた過程を見ると、どうしてこの数字が出てきたのかよく分からないということがあります。

生徒にどう解いたのかと聞くと頭の中ではきちんと解けているようですが、書かなければ本当に解けているか確かめられません。

数学には独特の言い方や論理の展開の仕方があります。それを身につけるには教科書や問題集の解き方を書き写すことが一番効果的な方法です。習うより慣れろということです。

指導する側は正解したかどうかだけでなく、解く過程を見てどこまで理解できているかを確認しています。

また、入試やテストでは誰が採点するか分からないので、誰が見ても解く過程が分かるように書くという意識を持つことが大事です。

====================
進学相談・体験授業・入等のお問い合せ・お申込みは、
滝沢進学塾 電話019-618-2865 または、
下記の「問い合わせフォーム」からお願いします。 
==================== 
問い合わせフォーム 
material_104_16_m

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は
下の2つのボタンをクリックお願いします。

塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

にほんブログ村