74EAE288-FE2B-416C-89F2-8D92D39A7E41

=============================
"滝沢進学塾"のLINE@はじめました!
*受験情報や教育情報
*滝沢進学塾のイベント情報
など、お得な情報をお届けしますので、
友だち追加してみてください。
(こちらからは誰が登録したか
分からないようになっています)
友だち追加
==============================

個別受験相談会【小5・中2・高2対象】予約受付中!
2020年1月24日(金)・31日(金)①18時〜②19時〜③20時〜
会場:ビッグルーフ滝沢 相談室
http://takishin.blog.jp/archives/1076592401.html

【ブログ記事】【国語】読解問題の文章はすべて読むべきか?


現代文(評論、小説)の読解問題を解く際に、


文章をすべて読まないという声を特に高3生からよく聞きます。


確かに、問題となる傍線部の周辺だけ読んでも解ける問題はある。



しかし、


だからと言って、文章を全部読まないということに私は納得できない。


評論では、筆者の主張をつかむ。


小説では、主人公の心情の変化をつかむ。


そうした現代文の読解の基本を蔑ろにしていると感じるからです。



「文章を読むのに時間がかかる。」


「長い文章を読んでいると、途中で分からなくなる。」


そういう人も多いかと思いますが、


筆者の言いたいことは何か?


主人公の気持ちはどう変わったのか?


を考えながらぜひ全文を読んでほしい。



1回で分からなければ、2回、3回と読む。


知らない言葉があれば調べる。


そうしてようやく文章を理解できた時に、


読解の力がちょっとだけ向上する。


このちょっとを少しずつ積み上げていくと、


文章を読むのが楽しくなってきます。



だから、読解問題の文章はすべて読んでほしい。





国語記事3/50




友だち追加
↑スマートフォンや携帯電話からの登録はこちら
895C8560-2B84-40A8-93EC-1D663721904C
↑パソコンからの登録はこちら
==============================
"滝沢進学塾"のLINE@はじめました!
*受験情報や教育情報
*滝沢進学塾のイベント情報
など、お得な情報をお届けしますので、
友だち追加してみてください。
(こちらからは誰が登録したか
分からないようになっています)
==============================

======================
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せは、
 「電話019-677-8423」または、
お問い合わせフォーム」からお願いします。
   material_104_16_m
======================

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は 
下の2つのボタンをクリックお願いします。 
 
塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ 

にほんブログ村