IMG_2637
=============================
"滝沢進学塾"のLINE@はじめました!
*受験情報や教育情報
*滝沢進学塾のイベント情報
など、お得な情報をお届けしますので、
友だち追加してみてください。
(こちらからは誰が登録したか
分からないようになっています)
友だち追加
==============================

個別受験相談会【小5・中2・高2対象】予約受付中!
2020年1月24日(金)・31日(金)①18時〜②19時〜③20時〜
会場:ビッグルーフ滝沢 相談室

【ブログ記事】【国語】推薦入試の小論文の書き方のコツ


盛岡三高の推薦入試では「小論文」を600字で書く課題がある。


先日、塾生に対して添削指導を行ないました。


学校で1回書いてみたという話でしたが、


添削を23回しながら書き直して、


やっと読める文章になりました()


中学生で小論文がうまく書ける生徒はそうそういないので、


これくらいがふつうだと思います。




それでは、小論文を書くコツを紹介します。


例えば、


「ゴミを減量するためには、余計なものを買わないことやゴミの減量を訴えるポスターを作ることなどの対策が必要です。」


という文章を添削してみます。


▶︎▶︎▶︎「〜や〜など」と対策をいくつも書いてしまうと、結局どれがゴミ減量のために必要なのか明確でなくなる。いくつも考えが浮かんでくると思いますが、内容を一つに絞り込むことが大事。


添削例A:「ゴミを減量するためには、余計なものを買わないという対策が必要です。」


あるいは、


添削例B:「ゴミを減量するためには、ゴミ減量を訴えるポスターを作るという対策が必要です。」


のどちらかにする。




これに、根拠な具体的な対策を付け加えると、


添削例A’:「ゴミを減量するためには、余計なものを買わないことが大事です。安いからとりあえず買っておき、いらなくなったら捨てればいいという消費者の意識によってゴミが増えてしまう。だから余計なものを買わないために、書く前に本当に必要か冷静に考える時間をつくるようにするのがよい。」


あるいは、


添削例B’:「ゴミを減量するためには、ゴミ減量を訴えるポスターを作ることが大事です。安いからとりあえず買っておき、いらなくなったら捨てればいいという消費者の意識によってゴミが増えてしまう。その意識を変えるために、作成したポスターを学校や地域のお店などに掲示するのがよい。」


となる。



600字の小論文だと書くべき内容は限られてくるので、


言いたいことを一つに絞り、


それにしっかりとした根拠と対策を書くと、


説得力が増します。


小論文をうまく書くには、まず自分で自由に書いてから、


添削指導を受けて手直していくのが良いと思います。




塾生ではないが「添削指導を受けたい」という方は、滝沢進学塾までお問い合わせください(有料/塾のLINEでの添削指導)




国語記事4/50




友だち追加
↑スマートフォンや携帯電話からの登録はこちら
895C8560-2B84-40A8-93EC-1D663721904C
↑パソコンからの登録はこちら
==============================
"滝沢進学塾"のLINE@はじめました!
*受験情報や教育情報
*滝沢進学塾のイベント情報
など、お得な情報をお届けしますので、
友だち追加してみてください。
(こちらからは誰が登録したか
分からないようになっています)
==============================

======================
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せは、
 「電話019-677-8423」または、
お問い合わせフォーム」からお願いします。
   material_104_16_m
======================

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は 
下の2つのボタンをクリックお願いします。 
 
塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ 

にほんブログ村