PNGイメージ

=============================
"滝沢進学塾"の公式LINEに登録しよう!
*受験情報や教育情報
*滝沢進学塾のイベント情報
など、お得な情報をお届けしますので、
友だち追加してみてください。
(こちらからは誰が登録したか
分からないようになっています)
友だち追加
==============================

【ブログ記事】部活についてちょっと言わせてください!



学校の部活についてはあまり言いたくないのですが、


この時期だからこそ、部活のことをリセットして考えませんか?



良い兆しとして、今年度から高校は部活加入が原則自由になりました。


そのため、最近、塾にも部活を辞めて勉強したいという高校生が来るようになりました。


おそらく無理して部活をして、勉強が疎かになっている生徒はもっと多くいると推測されます。



塾長自身も今では闇部活と言われるような部活に入っていたので、


部活の楽しさや意義は十分理解しているつもりです。


ですが、それでも今の部活には問題があると考えています。



部活が盛んになった元凶は、


部活推薦が登場したことだと思います。



高校・大学は勉学が本分なはずなのに、


部活の成績の良し悪しで推薦入学できるのはおかしいと思う。



少なくとも部活推薦を取れたら勉強なんてどうでもいいという生徒を


高校や大学に入れてはいけない。



部活で才能を発揮している生徒は、


プロやアマチュアの団体や協会が責任を持って預かればいいだけであって、


高校・大学に預けるべきではない。



また、何時間でも部活の練習ができる学校と


勉強優先で部活の時間が限られている学校が


全国大会で勝負するのはおかしくはないか?



学びの機会を平等にというのならば、


学校活動の部活の機会も平等にするべきだ。



全国一律に練習時間を1日1時間と決めて、


それに反した学校は出場停止にすれば、


平等に勝負できて、


本当に強い学校はどこかはっきりするはずなのに


なんでそうしないのだろう?



まだまだ言いたいことはありますが、


一応ここで終わりにします。


もちろん反論はあると思います。



生徒は生徒でよく考えてほしい。


大人は大人でよく考えてほしい。


教育関係者は教育関係者でよく考えてほしい。


とくに、国や都道府県、市町村の関係者はもっとよく考えてほしい。


ただし、生徒の自主性に任せるなんて言い訳はダメです。


もちろん現場の判断に任せるなんてあいまいな発言もダメです。



もっと大きな問題として、多くの人が関心を持って議論する機会が増えることを望みます。


私自身も現在の部活をすべて把握しているわけではないので、書いていることが実際とは異なるかもしれません。


また、勉強と部活を立派に両立している生徒も数多くいるので、部活のすべてを批判したいわけではありません。


批判的な内容はブログではなるべく書かないようにしていますが、今日はちょっと言わせてもらいました。




======================

<滝沢進学塾>
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せは、
 「電話019-677-8423」または、
お問い合わせフォーム」からお願いします。
======================