2016年08月

岩手県立上位高校進学専門の『滝沢進学塾』です。
「盛岡一高及び国公立大学進学を目指す!」という生徒のみ入塾可。
トップの成績を取るには、トップレベルの勉強量が必要となることから
「家で勉強しない子を長時間トコトン鍛える」をモットーに生徒を鍛え上げていきます。
<県立上位高校受験専門「滝沢進学塾」塾長>
歳弘 明(としひろ あきら)
盛岡一高卒、北海道大学農学部卒。盛岡市出身。塾指導歴は14年

【中学生】実力テスト後にすべきこと

夏休み明けの実力テストがおわり、テストの結果が出たところかと思います。学校でも各教科ごとに問題の解説がなされたはずです。

間違った問題の直しや理解が不十分だったところの復習はすぐに取り組んでください。

大事なことは、以下の2点です。

1.どうして間違ったのか、その原因を見つけること。

2.今後のテストで間違わないための対策を立てること。

◆「ミスで点数を落としたという問題」
ミスした問題数が5教科で2・3問程度であれば気にしなくてもいいですが、どの教科にもミスが見られるとか、ミスの割合が大きい場合は対策が必要です。

(対策1)重要語句や英単語、漢字などは、普段からきちんと読んで書くこと。ひとつの単元が終了した時点でまとめて確認作業を行なう。

(対策2)質問文の読み違いをする場合は、質問文を最後まで読み切る。また、聞かれている部分に線をひいたり、囲んだりする。

(対策3)解答用紙への転記ミスなどの場合は、テストの途中で一度、確認作業の時間を取ること。

◆「解答を見たら分かったという問題」
覚え方があいまいなままだったり、なんとなくできそうだから大丈夫と思って、勉強を終わらせている場合が多いです。『分かっているだけでは、テストで点数を取ることはできない』ということです。

(対策)ある程度できる自信がある問題は、制限時間を設けて、ヒントなしで自力で解けるのかを確認する作業が必要です。できていなければ、すぐに覚え直したり、解き直したりしておくことです。テストで確実に解けるレベルまで引き上げておくことが必要です。とにかく、多くの問題を解いて、少々疲れてボーッとしていても正解できるくらいにしておきましょう。

◆「解答を見ても分からないという問題」
まったく理解できていないので、教科書や学校のワークから勉強し直すことが必要です。

「国語・数学・英語」は、積み上げ教科なので、前の事柄が理解できていないと、新しく習う内容が理解できないことが多いので、早急に復習する必要があります。復習する場合は、あまり欲張らずに基本事項だけを理解しておく程度に止めておきましょう。

「理科・社会」は、単元ごとの関連が少ないので、夏休みや冬休みなどの長期休みやまとまった時間があるときに、単元ごとにまとめて覚えると内容を関連付けて覚えると効率的です。

問題ごとに、上記の3つに分類しておいて、「ミスで落とした問題」と「解答を見たら分かった問題」を最優先で復習すろこと。

さらに、1週間後くらいにその問題を解き直してみるといいでしょう。

また、「解答を見ても分からない問題」は、いつ復習するか計画を立てておきましょう。 (忘れずにやり直すのは、なかなか大変ですが…)


テストの結果だけを見て良かったとか悪かったで終わらせないことが重要です。

新たな良い習慣を身につけて、自分自身を成長させていくということは、テストの点数を伸ばすためだけでなく、勉強する意義のひとつと考えています。


=========================== 
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せ・お申込みは、
滝沢進学塾 電話019-618-2865 または、
下記の「お問い合わせフォーム」からお願いします。 
===========================
お問い合わせフォーム 
material_104_16_m

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は
下の2つのボタンをクリックお願いします。

塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

にほんブログ村

中3対象『盛岡一高・三高合格特訓』申込み受付中!!

夏期講習も終了し、中3の皆さんにとっては本格的な受験勉強の時期になりました。

もうすでに夏休み前から受験勉強が始まっているという生徒は多いと思いますが、受験が近づいてきて、「ようやくやる気が出てきた」という生徒も少なからずいるはずです。

『盛岡一高・三高合格特訓』はそのような生徒を対象とした講座です。

ただし、現実的には、この時期から内申点を上げるのはなかなか難しいです。

盛岡一高・三高を狙っている生徒の多くはすでにオール5に近い状況ですからね。

そうなると、とにかく入試で高得点を取って合格圏内に滑り込むしかありません。

そのためには…

「人の倍以上、勉強する!!!」

正直、これしかないです。

しかし、ただ闇雲に勉強時間を増やしたり、難しい問題ばかりに取り組んでいても、効率よく得点を取ることはできません。

昨年の塾生たちは、白ゆりテストの点数を6ヶ月間で平均100点以上伸ばすことができました。 

滝沢進学塾の指導の強みは、出題傾向をつかみ、得点に直結する内容を指導する点です。

また、少人数指導(中3は最大6名)なので、きめ細やかな指導ができる点も強みのひとつです。

さらに、最後の最後まであきらめず、生徒を励まし続け、勉強をやらせきる点も大きな強みです。

合格圏外からでも合格を勝ち取るため、全力で指導していきます。

ぜひ、一緒に頑張って勉強していきましょう!!


================================
【盛岡一高・三高合格特訓 実施要項】  
実施期間:平成28年9月5日(月)~平成29年3月8日(水)
実施日時:月〜木16:00〜22:00/土日祝14:00〜22:00のうちの2時間
受講回数:週5コマ以上(1コマ2時間)
受講費(1ヶ月・税込):5教科43,200円
教材費(総額・税込):5教科 21,600円
定員:3名まで
申込締切:平成28年8月31日(水)22:00まで
受講を決める前に、入塾テスト及び体験授業、面談を実施します。
まずは、電話あるいは下のお問い合わせフォームからご連絡ください。
================================

=========================== 
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せ・お申込みは、
滝沢進学塾 電話019-618-2865 または、
下記の「お問い合わせフォーム」からお願いします。 
===========================
お問い合わせフォーム 
material_104_16_m

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は
下の2つのボタンをクリックお願いします。

塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

にほんブログ村

【成績アップの秘訣】スケジュール管理をする










成績をアップさせるために必要なのは、

 『スケジュール管理をすること』です。

成績が良い生徒に明日の予定を聞くと、
「◯時〜◯時は部活で、◯時まで出かけて、◯時〜◯時に勉強。勉強は数学と理科をします。」
のように具体的に予定があらかじめ決まっています。

しかし、成績の良くない生徒はというと、
「部活は…◯時くらいからで、たしか…夕方から家族と出かけるみたいです。勉強は…何したらいいかな?」
という感じで、ため息しか出ません(笑)


スケジュール管理ができている生徒は、

頭の中で必要な情報を適切に分類、整理できている。

具体的な記憶として整理できているのですぐに行動できる。

これらが良い成績につながっていると考えられます。

5年生くらいからは、誰かをあてにする、あるいは誰かに言われてからするのではなく、自分でスケジュール管理ができるようにしていきましょう。


そのためにやるべきことは

『予定を紙に書いて、目に見えるところに置く(貼る)こと』です。

予定表を書いたり、それを何度も目にすることで、時間を意識して行動できるようになります。

勉強も同じで、今日やる勉強の内容を紙に書いて、終わったら消す。

(これはちょっとした達成感を味わえるので効果大です!)

このように、目に見える化することが継続させる秘訣でもあります。

ぜひ、今日から始めてみましょう!



=========================== 
進学相談・体験授業・入塾等のお問い合せ・お申込みは、
滝沢進学塾 電話019-618-2865 または、
下記の「お問い合わせフォーム」からお願いします。 
===========================
お問い合わせフォーム 
material_104_16_m

「滝沢進学塾の塾長ブログ」を応援していただける方は
下の2つのボタンをクリックお願いします。

塾教育 ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

にほんブログ村
お問い合わせ
<滝沢進学塾>
電話:019-677-8423
塾長直通電話:080-4126-5763(トシヒロ)
メール:takishin@kxa.biglobe.ne.jp
アクセス
〒020-0664
岩手県滝沢市鵜飼笹森1-87